Martintonの日々

数日前、右目眼内レンズ摘出手術を受けました。
始まりは遥か。光調節機能無き、メガネの矯正届かぬ、強度の弱視を背負って産まれた時から。

還暦を過ぎ、加齢による黄版変性が始まり。年毎狭まって行く視野と陥没視界。それに生まれつきの色弱もいつの間にか、色盲に変わって行きました。

四・五年前から、景色が揺れる厄介な病にも居着かれてしまい、益々拙さ募る視界に、手を焼いていました。
そこに、今年の8月辺りから、右目の景色が突然激しくぼやけたり、次の瞬間に元の画像に戻ったりを繰り返す現象が起こり悩まされ、たまらず有名眼科へ。

検査の結果は、右目網膜剥離手術(2012年)の、数ヶ月前に行った、白内障手術で入れた眼内レンズが、外れかかってのレンズ移動(起こる確率は0.1%らしい)が原因との、診断が出ました。
しかし、どこか無関心で無責任っぽい眼科医の、先に進める気力無き発言に、少々立腹腹落胆。

やはりここは、信頼置ける先生の診断を仰ぐ事に、しました。
訪ねるにはチト遠い他県なれど(笑)♪

斯くして診察を受け、眼内レンズ摘出手術の運びとなりました。

実はこの先生、僕の両目を、失明の危機から救ってくれた方です。
特に左目は、当日(2009年7月23日)の手術直前検査で、光を全く感じれない、真っ暗闇の失明状態となったにも関わらず、見事に再生して頂いた大恩人☆

そして、右目の網膜剥離手術。
二日後に控えてた、市川市文化会館でのチューリップ公演。
本来ならば病室に居なければいけないはずの上田が、穴を空ける事(と言うか出れなければ公演中止)無くコンサートを乗り切れたのも、この先生の神通力のおかげなのです。

さて、眼科での手術台の上の患者は、基本局部麻酔。
手術室の音は殆んど、耳に届きます。

過去三度、先生に手術して頂いた時と今回とでは 、手術室の空気が著しく異なっていました。

いつも、沈着冷静で、淡々と手術を進めるはずの先生に、余裕の狭さを感じ、周りのスタッフのピリピリ感が何度も伝わって来ました。
此方もいつもなら、ビートルズを頭の中で歌い続け、その場から逃避し、やり過ごすのがこれまででしたが、そんな気分には、とてもなれない緊迫感が室内に充満していました。

先生からも、二度程、手術が長くなる事を伝えられ、飛び交う声も、まるでテレビのそんなシーンの様。

その内に何と、オシッコがしたくなるワタシ(笑)♪
それをとても言い出せそうもない、漂う緊張感 。

そこで、ステージに向かう最中不意に催した尿意を我慢しつつ、本番を演奏と歌に集中する事で乗り切れる近頃の自分をイメージし。
むしろ、緊迫感の中に身を組み込む事に撤し、頑張り抜きまいた(笑)♪

そして、長い手術も、めでたく終了☆

術後、付き添いの看護師さんに、敢えて余裕顔で、トイレに行きたい!を告げ。トイレ扉が閉まった途端の、大慌てな、一幕♪

翌朝検診で診察室に入ると。
いつも通りの先生から、昨日は、長くなってしまってすいませんでした!
との言葉笑顔で、手術の成功を確信した次第☆

未だ右目は、お風呂でくもったメガネな状態♪
目の前に指を一本立てても二本立てても、違いが見えぬ有り様(笑)♪

頼りの左目の、3分の1の視界は、黄版変性の進行で既に、欠けとりまっ(笑)♪
なれど、基練も再開したし、走りも始めれたし、ステージへの意欲は満々なので、問題無し!☆


まさとし
2019_11月 : comments (6) : trackback (x)
コメント
お疲れ様でした、よかったです!次のライブが楽しみです。
^_−☆
ラッキー : URL : : 24/Nov.2019 [Sun] 17:35 : cKXiTNK2
様々な困難と思えるようなことを、前向きに乗り越えていかれる上田さんの姿にまた励まされました。
きっと不安な気持ちをどこかに抱えながら手術に臨まれたことだと思います。
上田さんの笑顔を見て安心しました。
しかし、術後間もないです。くれぐれも無理されませんように。
クリスマスliveでお会いできることを楽しみにしています。
Lily : URL : : 24/Nov.2019 [Sun] 22:48 : wE9wYC.2
手術、お疲れ様でした。
本当に大変でしたね。
ブログを観て安心しました。
お体に気をつけて、頑張ってください。
ころこ : URL : : 25/Nov.2019 [Mon] 11:56 : 7iUu5Frw
おーー。
ガーリーさんの笑顔が 復活。
どうか お大事に。
名古屋公演 楽しみにしています。
純 : URL : : 25/Nov.2019 [Mon] 12:43 : qV1AqUj2
ハラハラしながら読みました。
最後まで読んでホッとしました。

とある都内の有名眼科。
私の身内もちょっと冷たくあしらわれ、
藁をも掴む思いで行った私たちは
落胆しつつ帰ったことを思い出しました。
名前が有名でも、そこにいる医師が
患者にどう寄り添ってくれるのかが
大切なんだと実感しました。

12月15日のライブにはぜひお元気な姿を。
くれぐれも無理なさらずように。
lilas : URL : : 27/Nov.2019 [Wed] 22:00 : CCrljL9k
有名眼科医に手術?!えーっ!やめて下さい、苦しむ患者さんに無気力、無関心な有名眼科医に私達の大切な上田さんの身をお任せしたくない〜と読みながらの心の声はあっという間にホッとしました☆
どんなに大変な手術であったか信頼できる眼科医の先生のお言葉に現れていますね。
手術中、喘息の咳が出なくて良かった。ありがとうございます〜名前も知らない眼科医の先生☆大変な出来事を分かりやすく心配させないお心遣いにいつもながら頭が下がります。少しでも上田さんの眼が明るくなりますように。
くるみ。 : URL : : 27/Nov.2019 [Wed] 22:59 : 4aQA0Ihk
コメントする









Dec.2019
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31