Martintonの日々

―初診察日―
ほんのりイヤイヤ光線

退院後の初検診も無事終わり、急がない1日♪帰り道はバスにしました。
都心から逆方向の午後の入口はお客さんもまばら、しかし1人席は既に埋まっていたので、二人掛け窓際に着席。
只今、独眼流な私♪
豆乳はこぼすし、物はつかみ損ねるし、向こうから来る人とすれ違いざまに思わぬ接触は起こすしと、距離感乏しい故、出来るだけひとりを選びたい訳です。
幸い席は空いてはいるし本日それとなく、横に座っちゃダメダメ光線を発してしまいました★最初のうちは。
勿論!常識的にいつでも席を譲る気持ちを傍らに。

さて!
入院中、短編のはずなのに、聴く度にすぐ寝入ってしまっていた日本人の小説家のカセット文庫の作品。(今はSDカードの中)
今日はベッドの上ではないし、何処に催眠効果があるのか検証してみようと思い立ち、流れる暑〜い街並みをバックに聴き始めました。
少し長めに続く情景描写を頭で追いつつ、この小説の木戸探しを試みる内…、そう!ご推察の通り♪又しても寝に入ってしまったようなのです★妙に話のつじつまが合わないので聴き進むと同じ作家の別の話だった訳です。そう気付くと益々集中力を失い、午後の仮眠を許した一幕。




ビールなお時間のタヌキ泡

アルコールから遠ざかって既に十日目、術後二週間は禁酒を言い渡されているので残りは一週間!「これもまた一興」と開き直りの心境です。

その昔、今や話題の成人年齢引き下げなる十八をも待たずして、口にし始めて四十年以上。せいぜい盲腸手術時前後の長目の禁酒ぐらいと考えると、これは私的には大記録への挑戦☆只今現在、「意外とやるもんだ♪」と他力本願ながら感心なる自画自賛状態です。

麦の恵の喉越しに、愛おしさが増す暑い日の夕暮れは、微妙なノンアルコールビールなどは避け、潔く泡タヌキ形サイダーにて癒やされ騙されるが一番と強がっている私☆

そう言えば大分県別府市の遊園地《ラクテンチ》がリニューアルオープンしたとテレビで知りました。
いつの間にか紛失していた思い出詰まったアルバムが、突然出て来た嬉しさを覚えています。《ラクテンチ》祖父と僕等兄弟の子供心の聖地だったりもするところなのです。


まさとし
2009_7月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
タヌキ泡もいいですよね。
申し訳ございません。
私、呑助。本物の麦の泡を呑んでしまいました。

  by 反省呑助
大酒呑助 : URL : : 29/Dec.2014 [Mon] 11:12 : mf2LgL0M
コメントする









Feb.2020
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29