Martintonの日々

どうです!風邪インフルに関してはかなり神経質な私♪
新型インフルエンザの流行に世間が備える構えを起こし出すず〜っと以前から、外敵の進入に弱い僕の虚弱な体質を守る為、仕事に穴を空けないために、今ではいつの間にか世間でもかなり浸透しつつある防御法と類似したものを行ってきました。
外出時の上着は細菌が付着し難いツルツルのものを選びます。
外から帰ったら先ずは定番のうがい手洗い。
そして直ぐベランダへ行き人混みから我が身をガードしてくれた上着を物干しに吊し、取って返してジーンズやバンツ類は洗濯機に納め、今度は汚れた衣類からもらったやも知れない病原菌落としに再び軽い手洗い、そして意外に大切なる顔洗いを行います☆
その後全てを部屋着に着替え、これでやっと一段落なのです。

風邪気味の人との食事の時には失礼を詫びても必ず取り箸を介在させてもらいます。
外出時の食事前の必需品!アルコールで浸った濡れティッシュは常にバッグ内の常連です。
勿論うがい薬は携帯していますが、人混みで風邪を纏った人の咳やくしゃみを浴びた直後はある意味勝負の時、うがい場所確保の為近くのトイレを探して時間を浪費したくないので、自販機で紅茶(緑茶より紅茶のほうがより一層の口内除菌効果が高いと云う説)を購入して人目につかない下水道入口を探し口内と口周りの除菌をします。
スティック状の葛根湯も危険信号を身体が発する直前の気配で服用するためにバッグで待機しています。
就寝時のマスク着用は喉の保護保湿の為欠かせません。
朝、異様な寒気を感じたら先ずは生姜湯と葛根湯は常、それでも不安な場合は即ジョギングの血流で身体をフラットに戻します。
喉に付着した悪細菌が侵略を始めそうな微かな痛みを感じたら、リキッドのプロポリスでうがいをしながら飲んで喉を殺菌しつつ防御幕を作ります。
スパイラル的危険な風邪っぽさを感じても、熱さえなければ長距離走の対抗調整(有効)で乗り切る策をとってきました。

以前怠慢なる自己管理で幾度か職場にこ迷惑をかけた経験から始めた方法ですが、ここ数年何とか、風邪やインフルエンザからこの身を守る事が出来ています。
日々油断大敵な季節が続きます!
伝授始めの本日。
行きの電車の中途中駅でふいに混み始め、左側を風邪でもはしゃぐ若きカップルに密着を許し★右脇には咳でうずくまるオジサンがいつの間にか着席★目の前にも辛そうな大男の出現の三面楚歌★
マスク不使用派閥の人達に取り囲まれた私★
一瞬白旗を上げそうになりました☆
―完―


まさとし
2010_1月 : comments (1) : trackback (x)
コメント
完璧♪美しい〜〜 風邪インフルエンザ予防策
私も仕事柄?絶対に週1の休み以外に具合が悪いからと言って休めませんので、通勤の電車の中で咳き込んでいる人などがいたら
つい・・・・電車を降りてしまいます
インフルエンザ・・・・・これからの季節が本番かも!
油断は禁物ですね♪
luz : URL : : 14/Dec.2014 [Sun] 20:32 : 18z6nKnY
コメントする









Nov.2019
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30